So-net無料ブログ作成
検索選択

フレンチ弓購入 [ヴァイオリン]

バイオリンの弓はノースタンプフレンチ(だと言われて買った)ものと、
ネットで買った中国弓しか持っていなかったので、もう少し良いのを買うかな?
と思って某楽器店に行った。そこそこの予算を言ったところ、店の人は
その予算ならカーボンだよ、と。

んん~カーボンねぇ・・・と思って同予算程度のカーボン(Coda bow)と木の
弓を比較してみると・・・まあ、たしかに性能は認めるけど、あとは趣味の問題・・・

と思って気乗りしないでいると・・・木ならこのくらいから使える・・・と出して
きたのがもの凄く気に入ってしまって、結局購入。

モノとしては、現代フレンチ界の巨匠の一人、Bernard Millant

BM1.jpg

BM2.jpg

BM3.jpg

Bernard Millantについては、ストラディ金沢さんのHPより

 Bernard Millant(1929-)
 パリで活動する世界的に有名な弓製作者で、Max Millantの息子。ペカットモデルが
 特に高く評価されており、20世紀フレンチ弓の巨匠Jean Jacques Millant
 (1928-1998)氏の従弟にあたります。
 ミルクールのAmedee Dieudonne工房で弦楽器製作を学び、Louis Morizot工房で
 Morizotの息子達とともに弓製作を学びました。現代フレンチ弓のマエストロ・
 第一人者として高く評価されています。
 従兄のJean Jacques Millant氏の作品もそうですが、Bernard Millant氏の作品は
 プロ演奏家達に支持され、愛用する演奏家が多数います。

BM4.jpg

BM5.jpg

下取り品だそうで、お値段も相場よりかなり手ごろな値段だったが、かなりのモノを
買ってしまった。

nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

☆oki

ボーゲンは真鍮製の丸いのしか知らない私ですが、ヴァイオリンの弓は(うんと安いもの以外は)やはり木製のほうがいいのでは??
周囲が皆そう、ってだけですけどね。 A^_^;)

さて、来月私のオケでフランスの巨匠をお招きして定演でドヴォルザークのVn協奏曲をとりあげます。温泉宿でも予約して松本まで聴きに来ませんか?!
by ☆oki (2010-06-19 13:23) 

falke

私見ですが
優れた(何でもOKではなく)カーボン弓は、物理特性的には同価格帯の木の弓よりはるかに優れていることが多いように思います。実際に比較してみれば、明らかに「技」がより容易にできることに驚かされます。
ただ、技以前の問題で、なぜかは分かりませんが、音色、柔らかさには木の方に一日の長?があるように思います。
個人練習や、ソロ曲ならカーボンもいいでしょうが、オケの2ndで、大勢の中で弾くときにカーボンを使う勇気はとりあえず私にはないですねぇ
(もちろん私の腕前では、ですが)。

調べましたら室内管なんですね。
by falke (2010-06-19 23:12) 

☆oki

カーボン弓.....なるほど。実際に弾いている人でないと判らない感覚も大きいのでしょうね。
さて、ウチのオケは名前は室内管ですが、まぁ、Max2管編成までの普通のオケだったりします。(おまぇら日本語知らんだろう!と怒られた事もあります。A^_^;)

Vn ソリストのプーレさんは、ほんと素晴らしいですよ!
by ☆oki (2010-06-20 20:36) 

yuki

はじめまして。
Jean Jacques MILLANTで検索してたら、たどり着きました。
私はJean Jacques MILLANTの弓を購入し、使っています。
先生の仲介で、数本の中から選び、清水買いみたいなものでした。
やはり形状が似てますね。


by yuki (2011-02-20 19:12) 

falke

yuki様

こんばんは。
弓は、楽器以上にいつも一期一会なので清水になってしまいますね。
やっぱり、優れた弓の性能差は楽器以上にあるように思いますし。
私はあまり同クラスの物とは比べず、単独買い状態だったのですが、
結構良いものを選べたと思っています。
by falke (2011-02-22 00:51) 

tomohiko

過去ブログへのコメント失礼します。Bernard Millantのヴィオラ弓を購入するか悩んでいます。もちろん大変気に入ったのですが、適正な価格かどうか。日本国外で出会ったもので、日本円にして43万くらいと言われています。ご意見お願いできれば有難いです。
by tomohiko (2016-08-16 23:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。